【ハーブで作る入浴剤】冷え対策にオススメのハーブを紹介

ハーブバス
  • 毎年夏になると調子が良くない…
  • 真夏でも厚着しないと仕事ができない

そんな人は、もしかしたら「冷え性」かもしれません。

この記事では、冷え対策にピッタリハーブを使った入浴剤の作り方を紹介します。

タップできる目次

ハーブバスの効能

日本では冬に「しょうぶ湯」や「ゆず湯」に入る習慣があるように、冷え対策にはハーブを使った入浴剤がオススメです。

ハーブの有効成分で作るハーブバスには、市販の入浴剤にはない次のような効果があるとされています。

  • リラックス
  • 筋肉痛、関節痛の緩和
  • 疲労回復
  • 血行促進
  • 消化促進
  • 呼吸器の症状緩和
  • 肌の保湿
  • デトックス
  • 免疫力UP
  • 睡眠改善

ハーブの入浴剤の作り方

ハーブバスというと、花びらがたくさん浮かんだお風呂を想像するかもしれません。

マサヒロ

でもそれを自宅でやるのは、お金はかかるし掃除も大変です。無理ですよね。

それにお風呂の温度は39℃〜42℃くらい。このくらいの温度では、香りは楽しめてもハーブが持っている有効成分は抽出されない場合が多いんです。

そこでオススメなのが、ハーブの有効成分を熱湯で抽出する方法です。

作り方

STEP
好みのハーブをたっぷり用意し、ガーゼでくるみます

ハーブはドライでもフレッシュでもOK!好きなものを選んでください。

ハーブの量は15〜20gくらいです。

STEP
ボールに入れて熱湯を注ぎます

ハーブの有効成分を抽出するために、熱湯を使います。

STEP
10分ほど放置して完成

そのままお風呂にいれて使います。

ポイント

  • 浴槽に水をはる前、また湯を沸かす前に入浴剤を入れましょう
  • 入浴後のお湯は色がついているため洗濯水としては使えません
  • ぬるめの湯に長くつかるとより効果的です

おすすめのハーブ一覧

ハーブバスにおすすめのハーブを紹介します。

ハーブはドライハーブでも、フレッシュハーブでもOK!

基本的に1種類で使いますが、慣れてきたら2~3種類をブレンドしても楽しめます。

ハーブの名前利用部位入浴剤の特徴
ラベンダー花・茎・葉心を落ち着かせ、緊張を和らげる
ジャーマン・カモミール保湿作用があり、肌に潤いを与える。
不眠やイライラをやわらげる効果も
ローズマリー花・茎・葉肌の引き締め。アンチエイジング。
ローズ女性の美しさを引き出すハーブと言われる。
全身のスキンケアに。
セントジョーンズワート花・茎・葉神経をゆるませる。疲労回復、関節痛や筋肉痛の緩和。
ペパーミント夏にオススメ。身体にこもった熱を発散、疲労回復を早めると言われています。
タイムお風呂から立ち上がる蒸気を吸い込むと、気道が広がり、咳や喉の痛みを緩和するといわれています。

注意点

 アレルギーに注意

肌が弱い方や、アレルギーを持っている方は、全身浴ではなく部分浴から始めてください。

皮膚に異常が現れたり、吐き気をもよおした場合には、すぐにハーブバスを中止してください。

 妊娠中のハーブバス

ハーブによっては、妊娠中に禁忌となっているものもあります。

 ハーブは医療薬ではありません

ハーブバスは医療薬ではないので、医療行為の代わりにはなりません

まとめ

ハーブバスのメリットと、ハーブを使った入浴剤の作り方を紹介しました。

好みの香りのハーブで、特別なバスタイムを楽しんでみてくださいね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

子育て中のパパブロガー|うつ病を患って9年。抱えた借金4,000万円を複業ブログで返済中。【現在】約20万円/月の収益を継続してます。目標は2021年内に100万円/月達成。

嫁と子供とラブコメ漫画が生きがい。声優の高橋李依さんと水瀬いのりさんが好きなアラフォー。

タップできる目次
閉じる