日立PS-16000 RP レビュー|日本製 12V車専用ジャンプスターター

バッテリー
  • 久しぶりに車で出かけようとして急なバッテリー上がり
  • ロードサービス頼むのも面倒
  • 救援車も無い

今回は急に起こる車のバッテリー上がりに備えて、一つ持っておくと便利な「ジャンプスターター」というグッズを紹介します。

マサヒロ

災害時のモバイルバッテリーとしても利用できるので、ぜひ一家に一台用意しておきましょう。

タップできる目次

バッテリー上がりはなぜ起きるの?

そもそも、車のバッテリーが上がるってどういうことでしょうか?その原因を見てみましょう。

マサヒロ

「この辺はよく知っているよ」という人は、飛ばしてもらってOKです。

バッテリーが充電されないまま放置している

車のバッテリーは、走行することで充電される仕組みになっています。

そのため、車のエンジンを切った状態でルームライトやヘッドライトなどをつけたままにしておくと、充電がされないまま、電気が消費されてしまうのはよく知られていますね。

また、電気は使わなくても放電は起こります。そのため、長期間車に乗らない場合にもバッテリーがあがることがあります

バッテリーの寿命

バッテリーは消耗品です。長期間利用することでバッテリーは劣化していきます。劣化によって充電効率が低下すると、いくらバッテリーを充電しても、すぐにバッテリーが上がってしまうようになります。

この場合は、バッテリーの交換が必要です。

車検の際などに、バッテリーの状態を見てくれるので、必要に応じて交換をするようにしましょう。

バッテリー上がりへの対処

①ロードサービスを依頼する

最も一般的な対処は、JAFなどのロードサービスを利用することです。

ロードサービスにはバッテリー上がりの応急作業だけでなく、バッテリー交換が必要な場合の交換作業を行うサービスがあります

②ほかの車とケーブルを繋いで電気をわけてもらう

車にブースターケーブルを積んでいれば、近くに他の車がある場合は、他の車から電気を分けてもらうことができます

車での遠出が多い人や、逆にめったに車に乗らない人は、トランクの中などにブースターケーブルを1セット常備しておくと安心です。

created by Rinker
メルテック(meltec)
¥2,555 (2021/04/03 05:38:48時点 Amazon調べ-詳細)

③ジャンプスターターを使う

ジャンプスターターとは、ブースターケーブルや救援車なしでエンジンが始動できる超便利なカー用品です。ホームセンターやカー用品店、インターネットで購入することができます。

しかも、エンジンのバッテリー上がりだけでなく、普段はスマホなどのモバイル機器の充電に使えたり、非常時のライトなどに使えたりするんです。

マサヒロ

要するに巨大なモバイルバッテリーだとおもってください。

でもインターネットで探しても、安いのから高いのまであって「どのジャンプスターターを選んだら良いのかわからない!」という方は多いんじゃないでしょうか?

そこで、ここからは僕がオススメするジャンプスターター「日立 PS-16000 RP」を詳しく紹介します。

日立PS-16000 RPの外観と付属品

日立PS-16000RP」は安全性の高いリン酸鉄リチウムイオンバッテリーを採用したポータブル型のジャンプスターター機能搭載式のバックアップ電源です。

日立PS-16000 RP本体
日立PS-16000 RP本体(かなりヘビロテしているので汚れてます)

本体サイズは、縦207mm×横82mm×高さ36mmと、モバイルバッテリーなどに比べるとだいぶ大きめ。重量も1.6kgとそこそこ重いです。

その分、バッテリーが16000mAhと大容量iPhone 12 Pro Maxクラスでも4回フル充電できます。

日立PS-16000 RPライト
日立PS-16000 RPライト(側面の非常用のライト。あまり出番がないほうがいいけど、いざというときに便利。)

付属品は、以下の通り。

  • 持ち運び用のケース
  • ブースターケーブル
  • OBD2ケーブル
  • シガーソケット
  • シガー充電器
  • AC充電器

嵩張るケーブル類がいっぱいですが、持ち運び用のケースにいれると結構コンパクトに収まるので、収納は簡単。

日立PS-16000 RP本体持ち運び時
日立PS-16000 RP本体持ち運び時
マサヒロ

ケースに入れて保管しておけば、それほど嵩張りません

日立PS-16000 RPのオススメポイント

リン酸リチウムイオン採用で長寿命

バッテリーって、使っていると劣化していくので、いざというときに使えなくなってたらショックですよね。

その点、日立PS-16000RPはリン酸リチウムイオンを採用することで長寿命化してます。約2,000サイクルは使えます。

豊富な安全保護機能

日立PS-16000RPは、普段、車のバッテリー充電などしたことがないという初心者の方でも、安全に使える保護機能がたくさん搭載されています。

  • 各種保護回路(短絡・過電流・逆電流・逆接続・低電圧・温度)を搭載
  • サージ対応コントロールボックスを搭載
  • 自動充電モード搭載で、電池状態に応じた充電が可能
  • 防水、防雨対策を実施しておりISP63相当に対応
マサヒロ

すべての端子カバーを閉じておけば、ホコリや水滴から保護されるので、外での使用時にも安心。

災害時にも使える便利機能

高輝度LEDライト(点灯・点滅・SOS信号の3モード)を搭載しているので、いつか来るであろう災害時にも、非常用のライトとして機能します。他にも、いざというときに役立つ以下のような機能が備わっています。

  • ジャンプスターター
  • バックアップ電源
  • 直流機器のサブ電源
  • 携帯端末の充電 ※ケーブルは付属していません
  • 高輝度LEDライト

充電方法は付属のAC充電器を利用する以外に、シガー充電器も付属しているので、車のシガーソケットからの充電もOK

普段はシガーソケットで日立PS-16000RPを充電しておいて、非常時には日立PS-16000RPでバッテリーを復帰するという手もとれます。

日立PS-16000 RPのここが気になる

この「日立PS-16000RP」、すごく良い商品なんですが、一番購入をためらうのが値段ではないでしょうか?

廉価な外国製ジャンプスターターであれば、「日立PS-16000RP」の半額から、特に安いものだと1/5程度の値段で買うこともできるので、たしかに高く感じます。

でも、「日立PS-16000 RP」には、廉価製品にはない安全機能が盛りだくさん。接続を間違ったり、高温状態になったりすれば安全装置が働いてくれるので安心。機械が苦手な人でも、比較的簡単に使えちゃいます。

安全性と使いやすさで選ぶなら「日立PS-16000RP」が一押しです。

まとめ

本記事は「日立PS-16000 RP レビュー|日本製 12V車専用ジャンプスターター」について書きました。

日立PS-16000RPは、小型で安全性も高いポータブル型のジャンプスターター機能搭載式のバックアップ電源です。特徴は次の通り。

  1. リン酸リチウムイオン採用で長寿命
  2. 豊富な安全保護機能
  3. 災害時にも使える便利機能

車のバッテリートラブルだけでなく、普段はモバイル機器の充電にも使え、急な災害時には補助電源としても使える便利グッズ。

ぜひ一家に一台、備え付けておきましょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

うつ病8年。寛解も再発も経験。
半農半IT企業代表。体調不良なことも多いですが、プログラマと米農家の二足のわらじで頑張ってます。

副業ブログは、収益ゼロの凡人なので安心して絡んでください。

嫁と子供とラブコメ漫画が生きがいのアラフォー。

タップできる目次
閉じる