MENU
うつ病

「新型うつ病」とは?その症状と原因・治療法

新型うつ病ってなに?
この記事は約 4 分で読めます。
ビジネスマン

最近、新型うつ病という言葉を耳にします。通常のうつ病とどう違うのでしょうか?

まさひろ

新型うつ病という専門用語はなく、メディアでは「非定型うつ病」や「適応障害」「気分障害」などほぼ同義に用いているようです。

この記事でわかること
  1. 「新型うつ病」とは何なのか?
  2. 「新型うつ病」の特徴
  3. 「新型うつ病」の原因
  4. 「新型うつ病」の治療

「新型うつ病」とは?

Q

「新型うつ病」という専門用語は無い

少し長いですが、「日本うつ病学会」での説明を引用します。

結論から述べますと、「新型うつ病」という専門用語はありません。むろん精神医学的に厳密な定義はなく、そもそもその概念すら学術誌や学会などで検討されたものではありません。一方、「非定型うつ病」は、歴史的にはさまざまな定義が与えられてきました、最近の米国精神医学会診断基準(DSM-IV)では、大うつ病のうち、過食、過眠、鉛のような体の重さ、対人関係を拒絶されることへの過敏性などの特定の症状を有するうつ病と定義されています。この場合、正確には「非定型の特徴をともなう大うつ病」と呼ばれます。しかし、啓発書やマスメディアで使われる「非定型うつ病」は、教科書的なうつ病のプロトタイプに合致しないうつ病・抑うつ状態を広く指して用いられ、「新型うつ病」とほぼ同義に扱われることもあるようです。

日本うつ病学会 うつ病Q&Aより

ちょっと難しいので、簡単に書くと次のとおりです。

  1. 「新型うつ病」という専門用語や定義はない
  2. メディア等では「非定型うつ病」と「新型うつ病」がほぼ同義で用いられている
まさひろ

つまり、「新型うつ病」 ≒ 「(メディアなどの使う意味での)非定型うつ病」のような感じで使われています。

いわゆる「新型うつ病」の症状は?

そのうえで、新型うつ病とはどういうものかというと、次のような症状があげられます。

  1. 若年者に多く、全体に軽症で、訴える症状は軽症のうつ病と判断が難しい。
  2. 仕事では抑うつ的になる、あるいは仕事を回避する傾向がある。しかし余暇は楽しく過ごせる。
  3. 患者さんの病前性格として、“成熟度が低く、規範や秩序あるいは他者への配慮に乏しい”などが指摘される。
まさひろ

要するに、おもに成熟度の低い若年層に現れるうつ病で、仕事や学業を離れるとうつ症状が無くなるものです。

新型うつ病の原因

うつ病

新型うつ病の原因も、従来のうつ病とおなじく一つの要因によるものではなく、いくつかの要因が重なって起こるものと考えられています。

たとえば以下のようなものが挙げられます。

新型うつ病の原因
  1. 性格
  2. 生理的要因
  3. 日常生活の習慣
  4. 家族関係
まさひろ

新型うつ病の患者は、対外的にはいい人/いい子であることが多く、一面だけを見ているとうつ病とは関係ないように見えます。

また、新型うつ病では感情や情動をコントロールしたり、記憶をつかさどる海馬の部分をコントロールすると言われている前頭葉の働きが悪くなることが知られています。

これにより感情のコントロールが上手にしづらくなり、些細な言葉や相手の感情に対して敏感になりすぎてしまい、不安や落ち込みといった感情が継続しやすくなってしまうとも言われています。

新型うつ病の治療

薬

新型うつ病の治療も、従来のうつ病と同様に薬物治療を中心に、カウンセリングや生活習慣の改善を組み合わせます。

まさひろ

ただし、通常のうつ病とは病気の様相も違うので医師の慎重な判断が必要になります。

軽症である場合が多く、入院の必要性は低い

入院を必要とするほど重度であることは少なく、外来通院程度で治療が可能です。しかし診断が困難で治療もうまくいかずに慢性化しやすい傾向があります。

そのため、患者は休職と復職を繰り返す場合も多くなりがちです。

日常生活のリズムは維持が望ましい

新型うつ病では従来のうつ病と違い、日常生活のリズムは維持し、負荷を下げるくらいが良いとされています。

もちろん、新型うつ病でも急性期は安静が必要です。しかし、症状が落ち着いてきたら社会福祉制度やリワークなどのプログラムを積極的に利用していくのが望ましいようです。

カウンセリングで考え方の癖を変える

新型うつ病の人は、周囲の評価や感情にとても敏感な方が多い傾向があります。そのため、カウンセリングなどで考え方や相手との関わり方のクセを見直していくことが有効です。

まとめ

今回の記事をまとめます。

この記事のまとめ
  1. 「新型うつ病」という専門用語はないが、メディア等では「非定型うつ病」とほぼ同義に用いられている
  2. 新型うつ病の特徴としては、
    「全体的に軽症」
    「若年層がなりやすい」
    「仕事/学業から離れると症状がでなくなる」
    などがある
  3. 新型うつ病の治療も薬物治療が中心だが、カウンセリング等による考え方の癖の見直しも有効

まさひろ
まさひろ
以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

参考資料

この記事は約 1 分で読めます。