今すぐ眠気を解消したい!日中の眠気を吹き飛ばす8つの方法

寝ている犬

「大事な会議中なのに眠気が‥」

「すぐに目をさまさないと!」

仕事中や運転中、眠ってはいけないときに突然おそってくる眠気は困りものですよね。

この記事では、日中に急な眠気に襲われる原因や、目を覚ます方法を紹介します。これを読めば、いつ眠気に襲われても大丈夫。

タップできる目次

日中の急な眠気の原因

まず、そもそも、どうして日中に眠気に襲われるのでしょうか?それには次のような原因が考えられます。

睡眠不足

忙しい現代人は睡眠不足になりがち。

睡眠は体を休めるだけでなく、脳を休ませる大切な仕組み。十分な睡眠がとれずにいると、身体が自然と睡眠を誘発する物質を増やし、強い眠気に襲われることになります。

血糖値の急激な変化

昼食後は特に眠くなるという人も多いのではないでしょうか。

昼食で大量の糖質を摂取すると、血糖値が急上昇します。すると、身体は大量のインスリンを分泌し、血糖値を急降下させます。

この血糖値の急降下により、身体が低血糖状態になると、眠気や身体のだるさを感じるようになるそうです。

二酸化炭素濃度

室内の二酸化炭素濃度があがると、眠気に襲われることがあります。

特に狭い会議室や、換気が十分でない自室でのテレワークでは、二酸化炭素濃度が高くなりがち。

手軽にできる眠気解消法

人間、どうしても眠くなるときはあるもの。

仮眠をとるのが一番ですが、仕事中に眠るわけにもいきません。ここでは、急な眠気に襲われたときの対処法を紹介します。

顔や首を冷やす

首

眠そうにしていると「顔を洗ってこい」という常套句があるように、顔や首に冷たい水をあてるのは、眠気覚ましに効果的。体温が冷えることで、交感神経が刺激され、体をアクティブな状態にもっていく事ができます。

首に冷却スプレーや冷却ジェルをあてるのもオススメです。

息を止める

プール

シンプルですが、意外と効果のあるのが「息を止める」こと。

やりかたは簡単。可能な限り息をとめて、そのあとで大きく息を吸い込むだけです。

脳に酸素が行きづらい状態から、いっきに酸素が脳に配給されることで脳が活性化。脳が酸素の取り入れを最優先にするために、眠気が緩和されるという方法です。

ストレッチ

ストレッチ

眠気の解消には、脳や体を覚醒させてくれるストレッチがおすすめ。身体を捻ったり、上半身を伸ばしたりと、イスに座ったままでもできるストレッチはたくさんあります。

デスクから離れることができるならば、すこし歩き回ったりして身体を動かすのも効果的です。

カフェインの摂取

コーヒー

コーヒーや紅茶、緑茶に含まれるカフェインは、眠気覚ましに効果的なのは有名ですよね。

ただし、カフェインの摂りすぎは夜の睡眠に影響したり、胃を荒らしたりする恐れもあるので注意してくださいね。

ガムを噛む

ガム

「咀嚼する」という行為も眠気を緩和してくれます。

眠気を解消したいときには、ガムや歯ごたえのあるお菓子を食べてみるのもよいでしょう。

ブドウ糖を摂取する

ブドウ糖

体内の血糖値が低下した状態では、集中力の低下や眠気などの症状が現れます。そんなときに、ブドウ糖の摂取がオススメ。

ブドウ糖は吸収が早く、すぐにエネルギーに変換されるため、低血糖症状の改善に効果的。

最近では、サプリメントやゼリーなどでブドウ糖を補給できるものが増えています。

爽やか系のアロマオイルでリフレッシュ

ペパーミント

アロマの香りは脳の中枢にダイレクトに刺激を与えてくれるので、眠気覚ましに効果的です。おすすめはレモンなどの柑橘系、ペパーミントユーカリなど。

オフィスでは、ハンカチなどにエッセンシャルオイルを垂らして、テレワークなら、アロマスプレーやアロマディフューザーで芳香浴を楽しみましょう。

部屋の換気

窓

窓が開けられる環境ならば、部屋の換気をするのがオススメ。二酸化炭素濃度を下げるだけでなく、外の爽やかな空気で、眠気を解消できます。

アロマディフューザーで芳香浴を楽しむ際にも、ときどき換気を忘れずに。同じ香りの空間に長くいると、香りを感じにくくなります。

睡眠の質の改善も必須

しっかり寝ているはずなのに、日中眠くなるなら、睡眠の質が低下しているのかも。

睡眠の質を向上させるには、寝付きをよくすることが大切。以下の記事では、睡眠の質を高めるための方法を紹介しています。あわせて読んでみてくださいね。

まとめ

眠気を覚ます方法をまとめます。

  1. 顔や首を冷やす
  2. 息を止める
  3. ストレッチ
  4. カフェインの摂取
  5. ガムを噛む
  6. ブドウ糖を摂取する
  7. 爽やか系のアロマオイルでリフレッシュ
  8. 部屋の換気

日中の眠気は、基本的に睡眠不足の解消が一番。

「そうはいっても、なかなか十分な睡眠を取るのは難しい」という方は、いろんな方法を試して、自分にとって最適な眠気覚ましを見つけましょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

子育て中のパパブロガー|うつ病を患って9年。抱えた借金4,000万円を複業ブログで返済中。【現在】約20万円/月の収益を継続してます。目標は2021年内に100万円/月達成。

嫁と子供とラブコメ漫画が生きがい。声優の高橋李依さんと水瀬いのりさんが好きなアラフォー。

タップできる目次
閉じる